楢葉で震災後初、プロ野球2軍戦 ヤクルト-巨人戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ヤクルト―巨人】4回表巨人1死一、三塁、北村が3点本塁打を放つ=SOSO.Rならはスタジアム

 プロ野球イースタン・リーグ公式戦、ヤクルト―巨人戦は4日、楢葉町のSOSO.Rならはスタジアムで行われ、巨人が7―0で快勝した。同町によると、町内でプロ野球公式戦が行われるのは東日本大震災後初めて。相双リテックとヤクルト球団の主催、楢葉町の特別協力。

 初回に1点を先制した巨人は4回、北村の右翼への3点本塁打などで4点を挙げ試合の主導権を握った。ヤクルトは4安打に終わり、攻撃の糸口をつかめなかった。

 球場には野球ファンら956人が詰め掛け、熱い声援を送った。観戦したいわき市の児童(11)=平一小6年=は「スタンドまで大きい打球を飛ばせるのがすごい」と目を輝かせた。5日も午後1時から、同球場で試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる