東日本国際大で初のプロ野球志望届 船迫と粟津の2投手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 全日本大学野球連盟は18日までに、東日本国際大4年の船迫大雅(21)、粟津凱士(21)の2投手がプロ野球志望届を提出したと発表した。同大の選手が志望届を出すのは初めて。

 船迫は聖光学院高卒で入学時から主力投手として活躍。今春のリーグ戦では4勝0敗、防御率0・49の好成績でリーグ最優秀選手に輝いた。

 粟津は山本学園高(山形市)卒。6月に神宮球場などで開かれた第67回全日本大学野球選手権大会では、2回戦で京都学園大を完封するなど、東日本国際大の8強入りに貢献した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始