帝京安積が1点死守 磐城の反撃かわす、全国高校サッカー県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【帝京安積―磐城】前半1分、MF大井川のFKに合わせ、ヘディングシュートを決める帝京安積のFW佐藤源(左から2人目)=鳥見山公園多目的広場

 第97回全国高校サッカー選手権大会県大会2次大会は20日、福島市の十六沼公園サッカー場と鏡石町の鳥見山公園多目的広場で準々決勝4試合が行われ、帝京安積は1―0で磐城に競り勝った。

 帝京安積が磐城の反撃をかわし接戦を制した。

 帝京安積は試合開始早々、MF大井川のFKにFW佐藤源が頭で合わせ先制した。その後は磐城に押される展開が続いたがDF佐藤和らが体を張って、守り切った。磐城はFW渡部を中心にロングスローやセットプレーから得点を狙ったが、1点が遠かった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

青山学院大・原監督...怒るより『アドバイス』 箱根駅伝4連覇