学法石川、猛攻で快勝 全国高校サッカー県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―福島東】後半15分、ゴールを決め、祝福される学法石川のFW清水(中央)=十六沼公園サッカー場

 第97回全国高校サッカー選手権大会県大会2次大会は20日、福島市の十六沼公園サッカー場と鏡石町の鳥見山公園多目的広場で準々決勝4試合が行われ、学法石川は福島東に3―0で勝利した。

 学法石川が後半だけでシュート12本と福島東を攻め立て快勝した。

 学法石川は後半、相手FWのプレスに苦しむ両サイドDFの位置を修正。さらに選手交代などで攻撃のリズムを整えると、MF樋口が後半11分、CKに頭で合わせ先制した。その後は清水、渡辺の両FWのゴールで突き放した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

青山学院大・原監督...怒るより『アドバイス』 箱根駅伝4連覇