福島県、粘って12位 菅野鈴6人抜き好走、東日本女子駅伝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
12位でフィニッシュする福島県アンカーの渡辺唯=福島市・信夫ケ丘陸上競技場

 18都道県の女性ランナーが福島路を駆け抜ける「第34回東日本女子駅伝競争大会」は11日、福島市の信夫ケ丘陸上競技場を発着点に9区間42.195キロで開かれ、福島県は2時間24分35秒で12位となり、4年ぶりの入賞を逃した。東京が2時間18分44秒で10年ぶり9度目の優勝を飾った。

 福島県は1区石井寿美(ヤマダ電機、学法石川高卒)がトップと32秒差の12位でつなぐと、2区の菅野鈴菜(白鴎大4年、福島東高卒)が区間6位の力走で順位を入賞圏内の6位に押し上げた。

 続く上り3区を任された菅野未来(学法石川高2年)から、9位でたすきを受けた中学生区間4区の大河原萌花(矢吹中3年)が区間5位のタイムで7位に盛り返した。

 5区の坂本ちほ(白鴎大4年、田村高卒)は順位をキープし、6区の井沢真美佳(学法石川高3年)と7区の金沢佳子(福島明成高3年)は順位を一つずつ落としたが、8区の小島さくら(若松一中3年)は粘って9位を維持。最終9区の渡辺唯(国士舘大2年、田村高卒)は力走を見せたが、12位でフィニッシュした。

 東京は約5年ぶりに現役復帰した新谷仁美(ナイキTOKYO TC)がアンカー。トップを走る長野から1分35秒差の5位でたすきを受けると、区間記録を更新する走りで、先頭でゴールテープを切った。

◆大河原、意地の区間5位 

 福島県は実業団、大学、高校、中学と各年代でバランスの取れたメンバーで挑んだが、去年の11位から順位を一つ落とし、またしても目標に掲げる入賞(8位以内)に届かなかった。

 意地を見せたのは、昨年区間11位と力を出し切れなかった大河原萌花(矢吹中3年)と、初出場となった菅野鈴菜(白鴎大4年、福島東高卒)。大河原は昨年と同じ4区で区間5位の力走、菅野は2区で6人抜きの好走を見せた。菅野は「前を走る選手が見える位置でつないでくれたので落ち着いて走れた」と振り返った。

 ふるさと選手で1区を走った石井寿美(ヤマダ電機、学法石川高卒)は「チームにいい流れを持ってきたかった」とタイムが伸びなかったことを悔やんだ。それでも「沿道から『福島頑張れ』と言ってもらい、福島で久しぶりに走れてうれしかった」と感謝した。

【総合成績】 〈1〉東京2時間18分44秒 〈2〉長野2時間19分7秒 〈3〉静岡2時間19分26秒 〈4〉千葉2時間19分58秒 〈5〉神奈川2時間20分42秒 〈6〉群馬2時間21分11秒 〈7〉埼玉2時間21分24秒 〈8〉茨城2時間22分6秒 〈9〉宮城2時間22分18秒 〈10〉秋田2時間23分20秒 〈11〉新潟2時間23分59秒 《12》福島2時間24分35秒 〈13〉北海道2時間26分17秒 〈14〉栃木2時間26分47秒 〈15〉岩手2時間26分54秒 〈16〉山形2時間28分34秒 〈17〉青森2時間29分33秒 〈18〉山梨2時間33分32秒

【本県の区間記録】
▽1区(6キロ)〈12〉石井寿美(ヤマダ電機、学法石川高卒)19分51秒
▽2区(4キロ)〈6〉菅野鈴菜(白鴎大4年、福島東高卒)13分33秒
▽3区(3キロ)〈9〉菅野未来(学法石川高2年)10分36秒
▽4区(3キロ)〈5〉大河原萌花(矢吹中3年)10分6秒
▽5区(5.0875キロ)〈8〉坂本ちほ(白鴎大4年、田村高卒)17分10秒
▽6区(4.1075キロ)〈11〉井沢真美佳(学法石川高3年)13分59秒
▽7区(4キロ)〈12〉金沢佳子(福島明成高3年)13分42秒

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン