いわきでラグビー、熱いエール トップチャレンジリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三菱重工相模原ダイナボアーズ―九州電力キューデンヴォルテクス戦

 ジャパンラグビートップチャレンジリーグのファーストステージ第7週、三菱重工相模原ダイナボアーズ―九州電力キューデンヴォルテクス戦は3日、いわき市のいわきグリーンフィールドで行われ、三菱重工相模原が52―17で九州電力を下した。

 関東ラグビーフットボール協会の主催、県ラグビーフットボール協会の主管、福島民友新聞社などの後援。三菱重工相模原は21―12で迎えた後半、CTBマイケル・リトル選手のトライなど5トライ31点を挙げ、九州電力を突き放した。会場には約1600人が詰め掛け、両チームの選手に熱い声援を送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン