富岡高卒・保木、小林組あと一歩 全日本バドミントン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
男子ダブルスの準決勝で惜しくも敗れた保木(手前)、小林組=駒沢体育館

 バドミントンの全日本総合選手権第5日は1日、東京・駒沢体育館で各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスは世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が今年の世界選手権優勝の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)を2―1で下し、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)とともに決勝に進出した。

 女子シングルスは昨年覇者の山口茜(再春館製薬所)とリオ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)が勝ち上がった。男子シングルスで世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)は対戦相手の常山幹太(トナミ運輸)が体調不良で棄権し、西本拳太(トナミ運輸)とともに決勝に進んだ。

 男子ダブルスは遠藤大由(日本ユニシス)渡辺勇大(日本ユニシス、富岡高卒)組が保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸、富岡高卒)との対決を制した。決勝で園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)と戦う。

 県勢は、混合ダブルスで渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス、富岡高卒)と保木卓朗(トナミ運輸、富岡高卒)永原和可那(北都銀行)組が勝ち上がった。小林優吾(トナミ運輸、富岡高卒)志田千陽(再春館製薬所)組は渡辺、東野組に敗退した。

 同チーム対決敗れ3位

 男子ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸、富岡高卒)は同じチームの先輩相手に最終ゲームまで粘ったが、あと一歩及ばなかった。

 相手ペアの速いテンポの攻撃に押されて第1ゲームを失ったものの、第2ゲームは小林の5連続得点で逆転、試合を振り出しに戻した。最終ゲームは18―20と先にセットポイントを許しながら、保木の強打でデュースに持ち込んだ。だが、最後は先輩ペアの気迫に押されてポイントを連取された。

 保木は「終盤までついていけていたのに残念。相手の方が一枚上手だった」と悔やんだ。3位は2度目で、前回大会は準優勝と頂点にあと一つ届かない結果に小林は「相手は日本のエースとして戦っている。その分、気持ちで上回られている。自分たちも結果を残さないとエースになれない」と奮起を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球東北大会」開幕 福島県代表3校が堂々入場行進