若松一が粘りの21位 全国中学駅伝・女子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1区小島さくらからたすきを受ける2区小島彩乃(左)

 駅伝の第26回全国中学校大会は16日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園で開かれた。女子(5区間12キロ)で4年ぶり4度目の出場の若松一が43分13秒で21位だった。

 桂(京都)が41分34秒で優勝、2位は東(静岡)3位は七尾(石川)だった。

 【レース展開】1区の小島さくらが先頭集団に食らいつく好走で8位でつなぎ、2区の小島彩乃が区間5位の快走で5位に浮上した。

 続く3区の安斉と4区の五十嵐は順位を下げたものの、最後まで粘りの走りを見せ、最終5区の馬場が4人を抜き、21位でフィニッシュした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国高校駅伝3位・学法石川...次はライバル!箱根駅伝で会おう