只見・鈴木、笑顔の初優勝 県中体スキー・女子回転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子回転】スピードに乗った滑りで初優勝した鈴木来菜(只見)=猪苗代スキー場ミネロ

 スキーの第61回県中学校体育大会第2日は15日、猪苗代町の猪苗代スキー場ミネロでアルペンの男女回転がが行われた。女子は鈴木来菜(只見2年)が初優勝した。

 初優勝にびっくりしている。楽しく滑れたので良かった」。強気の滑りで1、2本目ともトップのタイムをたたき出した女子回転の鈴木は白い歯をのぞかせた。

 1本目は力みが出たためか、急斜面で後方に重心が移り、バランスを崩す場面も。窮地の中でも、昨年から特訓してきた柔軟体操で得たバランス感覚を生かして「柔らかな滑りで持ちこたえられた。2本目も重心を意識して自分の滑りができた」と努力に裏打ちされた強さを見せつけた。

 初めての全中出場となる鈴木。「どんな状況でも安定した滑りをしたい」と大舞台での活躍を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国男子駅伝連覇へ決意!優勝祝賀会 相沢「来年もVサイン」