県総体スキー開幕 猪苗代高・菊地「全力で滑り抜く」、猪苗代で開会式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手宣誓する菊地

 第71回県総体スキーの開会式が16日、猪苗代町体験交流館学びいなで行われ、選手たちが活躍を誓った。

 大会副会長の宇南山忠明同町教育長が「選手が活躍する姿は県民の夢と希望になる」とあいさつ。鈴木安一県スキー連盟会長は「最大限の力を発揮し、上位大会を目指してほしい」と激励した。

 開催地の前後公町長が歓迎の言葉を述べた。猪苗代高スキー部主将の菊地朝仁(3年)が「スキーに関わる人への感謝を忘れず、全力で滑り抜く」と選手宣誓した。

 県総体競技はアルペンを17、18の両日に猪苗代スキー場ミネロ、距離を19日に猪苗代町クロスカントリーコースで行う。県選手権やスポ少種目も含め、計343人が出場予定。  

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球・支部予選」開幕 福島県大会、県北支部で熱戦