熱塩加納ク・平林がV けがの苦しみに耐え、県総体スキー・大回転成年男子B

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【大回転成年男子B】初優勝を飾った平林

 第71回県総合体育大会スキー競技2日目は17日、猪苗代町の猪苗代スキー場ミネロでアルペン大回転の成年男女が行われた。

 大回転成年男子Bは平林広一(熱塩加納スキーク)が初制覇した。

 「成年の部では、初めての優勝。素直にうれしい」。平林はけがに苦しみながら手にした栄冠を喜んだ。

 昨年12月末にぎっくり腰を発症。レース前は不安も胸によぎったが、「大好きなスキーを滑りきる」とゴールまで滑降。終始、リズムを崩さず、美しいターンを描きながらフィニッシュ。タイムの40秒60は自身が成年の部に挑戦して以降2番目の好タイムとなった。

 国体に選出されれば自身3度目の出場。平林は「まずはけがをしないこと。昨年は30位に入れなかった。まずはそこに食い込みたい」と闘志を燃やした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国男子駅伝連覇へ決意!優勝祝賀会 相沢「来年もVサイン」