湯田、圧勝で2冠 県総体スキー・距離少年男子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【少年男子10キロ】県高体に続き、県総体でも優勝。2冠を達成した湯田=猪苗代町クロスカントリーコース

 第71回県総合体育大会スキー競技最終日は19日、猪苗代町の猪苗代町クロスカントリーコースで距離クラシカルの少年と成年の男女が行われ、少年男子10キロは知宙(ちひろ)(猪苗代高1年)が35分19秒4で初優勝した。

 「つらかったが、苦手な上りでペースを落とさなかった。得意なクラシカルで勝ててうれしい」と県高体に続き、県総体でも頂点に立った湯田は表彰台で満面の笑みを見せた。

 県高体王者として臨み、「苦手な上りでペースを落とさないように気を付けた」と湯田。少年男子の部2番目にスタートした湯田は3キロ地点で首位に立つ。「ここからは絶対に抜かされない」と全体的にペースが落ちる2周目も得意の下りで強気の攻めを見せ、2位に1分9秒1差をつける圧勝で2冠を飾った。

 国体出場が濃厚となった湯田は「全国の舞台で活躍し、福島県の強さをアピールしたい」と活躍を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球・支部予選」開幕 福島県大会、県北支部で熱戦