フリーブレイズ延長戦制す アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ハイワン―フリーブレイズ】決勝弾を放つフリーブレイズの田中〈14〉 =コヤンアイスリンク

 アイスホッケーのアジアリーグは20日、2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は、アウェーのコヤンアイスリンク(韓国)でハイワン(韓国)と対戦し、延長の末、3―2で勝利した。

 フリーブレイズは、第1ピリオドにDFセイントピアが先制点を挙げたが、第2ピリオドに同点に追い付かれた。最終第3ピリオドは互いに譲らず、2―2で迎えた延長戦で、FW田中豪が決勝弾を決めた。

 フリーブレイズは次戦の22日、アウェーのソンハクアイスリンク(韓国)でデミョンキラーホエールズ(韓国)と対戦する。午後7時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国男子駅伝連覇へ決意!優勝祝賀会 相沢「来年もVサイン」