慶大・大嶋6位 攻めて初入賞、スキー国体・成年女子A大回転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【成年女子A大回転】6位入賞した大嶋柚=札幌市・サッポロテイネ

 第74回国民体育大会冬季大会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」スキー競技会第2日は15日、札幌市のサッポロテイネなどで各種目が行われ、県勢はアルペン成年女子A大回転で大嶋柚(慶大)が1分12秒39で6位に入賞した。

  ◇  ◇

 「一本勝負。攻めるしかないと思った」。

 アルペン成年女子A大回転の大嶋柚(慶大2年)が攻めの滑りで6位となり、昨年あと一歩で入賞を逃した悔しさを晴らした。

 硬い雪質に急斜面の難所。「まるでスケートリンク」と監督が表現するように、急斜面が攻略のポイントだった。大嶋は手前の緩斜面でぎりぎりまで前傾姿勢を続けた。そしてスピードを殺さずに急斜面に突っ込んだ。

 「とにかく(スキー板が)真っすぐいかないとタイムが出ない。あとはいくしかない」とターンを決めた。

 好タイムをたたき出したが、滑走順が86人中4番目と早かった。昨年は9位と入賞を目前で逃しただけに祈るようにライバルたちのレースを見守り、入賞が決まると笑顔がはじけた。

 会津工高から進学した。「一緒に練習する人たちのレベルが高い。いい練習ができている」と話すように、そばにいる同年代の日本代表選手らが刺激となり、力を付け、家族が応援に駆け付けたレースで成長した姿を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国高校駅伝3位・学法石川...次はライバル!箱根駅伝で会おう