東海大・土橋、入賞あと一歩 0秒12差で9位、スキー国体・成年男子A大回転

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【成年男子A大回転】入賞にわずかに届かず9位の土橋銀平

 第74回国民体育大会冬季大会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」スキー競技会第2日は15日、札幌市のサッポロテイネなどで各種目が行われた。

 成年男子A大回転9位の土橋銀平(東海大4年)は「うれしさと悔しさが半々」と振り返った。

 8位とは0秒12差の1分8秒03。「もう少し緩斜面でスピードを出してれば」と悔やんだ。それでも得意とするかための雪質のコースを攻略できたこともあり、納得のレースだった。

 大学4年で卒業後は一度、競技から離れる。19日に長野で始まるインカレを最後のレースと位置付けており、「国体の悔しかった部分までしっかり出し切りたい」と完全燃焼を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

全国高校駅伝3位・学法石川...次はライバル!箱根駅伝で会おう