B2福島ファイヤーボンズ、プレーオフ逃す 信州に敗れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島-信州】第3Q、シュートを決める福島の武藤=福島市国体記念体育館

(16日・国体記念体育館ほか=9試合)

 Bリーグ2部(B2)東地区4位の福島ファイヤーボンズはホームで中地区1位の信州ブレイブウォリアーズと対戦し、61―76で敗れ、プレーオフ進出の可能性がなくなった。今季6度目の3連敗となり、通算成績は20勝28敗で順位は4位のまま。

 福島は次戦の17日、同体育館で信州と対戦する。午後1時30分試合開始予定。

 福島は第3クオーター(Q)まで粘ったが、攻撃のミスが続き最後に引き離された。

 第1Qは武藤の連続得点で22―21とリードしたが、第2Qは7点どまりで29―32と逆転を許した。第3Qは村上がドライブや3点シュートを決めたが5点差を付けられた。攻撃に比重を置いて逆転を狙った最終第4Qも連続で得点を許した。

信州76―61福島

(21―22 11―7 17―15 27―17)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」開幕 令和初の甲子園懸け熱闘始まる