県勢3チームが優勝決定T進出 郡山サッカーフェス・小学生の部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【開成SSS―ブリジャンFC】激しく競り合う選手=郡山市西部サッカー場

 第43回郡山サッカーフェスティバル小学生の部第1日は23日、郡山市西部サッカー場で4ブロックに分かれてのリーグ戦が行われ、県勢はビアンコーネ福島、桑野サッカースポーツ少年団、富田西サッカースポーツ少年団が優勝決定トーナメントに進出した。

 実行委員会、福島民友新聞社、読売新聞東京本社、福島中央テレビの主催、市、市教委の共催、郡山サッカー協会の主管。

 地元スポ少をはじめ郡山市と姉妹都市の関係にある奈良市選抜チームなど計16チームが出場。最終日の24日は順位別トーナメントが行われる。

 須藤主将が宣誓

 開会式で、伊藤仁司郡山サッカー協会長が主催者あいさつ、石塚人生読売新聞東京本社郡山支局長、菊池克彦福島民友新聞社執行役員郡山総支社長らが来賓あいさつした。ブリジャンFCの須藤琉斗主将(安積一小5年)が「たくさんの仲間と交流して精いっぱいプレーします」と宣誓した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球・支部予選」開幕 福島県大会、県北支部で熱戦