J3福島ユナイテッドFC、ホーム初戦黒星

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―沼津】前半、シュートを放つ福島のMF田村=とうほう・みんなのスタジアム

(24日・とうほう・みんなのスタジアムほか=7試合)

 福島ユナイテッドFCはホームでアスルクラロ沼津に0―1で敗れた。通算成績は1勝2敗で10位。

 福島は次戦の31日、ホームのとうほう・みんなのスタジアムでFC東京U―23と対戦する。午後1時開始予定。

 福島はボール支配率とシュート数で沼津を上回ったが、決定機を決めきれなかった。

 試合開始からボールを保持し、DF宇佐美、MF田村らがシュートを放つなど優位に試合を進めた。しかし、前半38分に一瞬の隙を突かれて失点。

 後半はFW小牟田、MFの星ら攻撃的な選手を投入してゴールを目指したが、自陣を固める沼津を最後まで崩すことができなかった。

◆「勝利見せたかった」 星、引退の茂木さんに

 「勝つ試合を見せたかった」。後半途中出場のMF星広太は試合前に引退セレモニーを行った茂木弘人さんに勝利を届けられず残念がった。

 星は茂木さんと同じ2015(平成27)年に福島入りした「同期」。後半13分に出場すると、積極的にボールに絡んでゴールを狙った。後半終了間際には強烈なシュートも放ったが、わずかにゴールの枠を外し天を仰いだ。

 年長だった茂木さんからサッカーに取り組む厳しい姿勢を学んだという星。「自分たちが若い選手を引っ張っていく存在になっていかないと」と改めて誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球・支部予選」開幕 福島県大会、県北支部で熱戦