福島レッドホープスが今季ホーム戦初勝利 BCリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―茨城】4回無失点の好投でプロ初勝利を挙げた福島の山下=いわせグリーン球場

 (20日・いわせグリーン球場ほか=5試合) 福島レッドホープスはホームで茨城アストロプラネッツを10―9で破り、連敗を3で止め今季ホーム戦初勝利を飾った。福島の成績は3勝3敗で、順位は東地区4位。福島は次戦の21日、ビジターの佐野市運動公園野球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

 4回無失点、山下が初白星 

 5回に2番手として登板した福島の山下大輔が4回無失点の好投でプロ初勝利を飾った。先発した前回のホーム戦は自責点5のふがいない内容。リベンジに燃える右腕がチームの連敗を救い、今季のホーム戦初勝利をもたらした。

 先発竹脇大貴は4回、茨城の猛攻を受け6失点。打線の奮起でその裏に同点に追い付いたが、その間も山下は変化球に反応する相手打線への対応を冷静に分析していた。マウンドに上がると、右横手から繰り出す力強い直球に決め球のシンカーを織り交ぜ、相手打者をねじ伏せた。6、7回には4者連続三振。4回を投げ被安打1、7奪三振の好投で中継ぎの役割を完璧に果たして見せた。

 トレードマークの横手投げは、野球を始めた小学4年から変わらない。大学卒業後も野球を続けたいと願ったが、国内に行き先はなく、オランダのプロリーグでプレーした。昨年福島に入団。日本で野球ができる喜びをかみ締める。

 自身の初勝利に「こだわりはなかった」という山下だが「新体制となり、自らチームを引っ張る自覚が必要」と語る。新たなスタートを切った福島を背負うべく、その右腕に磨きを掛ける。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、代表28校が堂々行進