尚志、清水ユースに敗れる サッカーU―18プレミアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志高―清水ユース】ゴール前へ攻め込む松本(右)=熱海フットボールセンター

 サッカーの18歳以下年代で最高峰の高円宮杯U―18プレミアリーグは21日、郡山市の熱海フットボールセンターで東地区の第3節が行われ、ホーム開幕戦を迎えた尚志高は1―4で清水エスパルスユース(静岡)に敗れた。

 尚志高は勝ち点3のまま。次戦は28日、カシマスタジアム(茨城)で鹿島アントラーズユースと対戦する。午前11時開始予定。

 尚志高は前節に続いて4失点。2連敗で勝ち点を奪えなかった。

 尚志高は序盤からなかなか相手ボールを奪えず、前半8分にヘッドで押し込まれ先制された。

 MF松本が後半7分、敵陣でボールを奪うと、そのままシュートを放ち一時は同点としたものの、同13分に勝ち越しを許すと、その後は反撃の糸口をつかめないまま同33分、同41分と立て続けに失点した。

清水ユース4―1尚志高

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、代表28校が堂々行進