東京五輪出場を! 自転車の会津若松出身・新田、世界選手権「銀」祝う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新田選手の活躍を願い乾杯する出席者ら

 ポーランドで2月に行われた自転車トラック種目の世界選手権で銀メダルを獲得し、男子ケイリンで世界ランキング1位になった会津若松市出身の新田祐大選手(日本競輪選手会、白河高卒)の祝賀会が8日、同市で開かれ、出席者が新田選手の功績をたたえた。

 祝賀会は有志でつくる後援会が主催し、約60人が出席した。

 強化合宿中のため出席できなかった新田選手はビデオメッセージを寄せ「東京五輪での出場権を獲得できるように、会津魂を胸に練習、レースに励む」と話した。

 祝賀会には、父一則さんと母京子さんも出席し、一則さんは「東京五輪でメダルを取り、皆さんに報告できることを願いたい」と感謝の言葉を述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球東北大会」開幕 福島県代表3校が堂々入場行進