福島レッドホープス完敗、打線勢いなく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (12日・足利総合運動場ほか=5試合) 福島レッドホープスはビジターで栃木ゴールデンブレーブスと対戦し、0―8で敗れた。福島の成績は6勝12敗で東地区6チーム中5位タイ。

 福島は二回、先発の斎藤郁也が栃木打線につかまり、打者一巡の猛攻で6失点した。

 さらに四回にも2点を失いリードを広げられる。打線も散発4安打と勢いがなく、完封負けを喫した。

 次戦はホームの牡丹台球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 開会式、代表28校が堂々行進