福島・木戸、序盤から全開 県高体陸上・男子400メートル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子400メートル決勝】優勝した木戸(福島)

 県高校体育大会陸上競技は24日、郡山市の郡山ヒロセ開成山陸上競技場で開幕した。  400メートルは男子が木戸悠介(福島3年)制した。    「死んでもいいという感じで突っ込みました」。号砲が鳴ると同時に、アクセル全開で前に出た400メートルの木戸悠介は、先頭を渡さぬままフィニッシュした。

 序盤の走りを後半まで維持する粘り強さが持ち味だ。この日は向かい風のレースだったが、自己ベストを0.18秒塗り替え「自信になる」と充実した表情で語った。

 昨年は県高校新人大会で優勝し、東北大会へ進んだが3位に終わった。「練習の成果を発揮して優勝し、インターハイにつなげたい」と雪辱を期す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球東北大会」開幕 福島県代表3校が堂々入場行進