【柳津】目黒さんが手作り木工品店「木工房MEGURO」オープン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
三島町の桐材を使った商品

 三島町出身の木工作家目黒照枝さん(37)は11日、柳津町飯谷に手作り木工品の店「木工房MEGURO」をオープンした。

 生まれ育った三島町の特産桐(きり)を材料に子ども向けおもちゃや季節の飾り物など大小さまざまな木工製品を販売する。目黒さんは、三島町生活工芸館で8年間、木工指導員などを務めていたが結婚を機に柳津町に移った。これまでイベントや展示会などで手作りの木工品を販売しており、いつか店舗を持つことを夢見ていた。

 店内には、桐製品のほか、ヤマブドウのアクセサリー、染め織物まで奥会津の手仕事の技が光る商品も並ぶ。小物作りなど木工教室も開く予定。オープン初日から盛況で、訪れた人は、木のぬくもりがある温かい作品にじっくりと見入っていた。

 目黒さんは「ものづくりの楽しさを伝えられるサロンのようなお店にしたい」と話す。

 営業日は、月、木、金、土曜日で、時間は午前9時~午後4時。問い合わせは同店(電話090・5234・2314)へ。13日までオープニングイベントを開催しており、来店者にプレゼントを贈る。