【猪苗代、磐梯、北塩原】「磐梯山ジオパーク」再認定 保全推進、住民普及が評価

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本ジオパークから再認定の吉報を受ける(左から)五十嵐町長、小椋村長、前後町長=14日、北塩原村役場

 猪苗代、磐梯、北塩原の3町村にまたがり、日本ジオパークに認定されている「磐梯山ジオパーク」は14日、現地審査の結果、日本ジオパーク委員会から再認定を受けた。ガイド養成や火山防災教育の充実、保全計画の推進、住民への普及など、初認定から4年間の取り組みが評価された。今後は世界ジオパーク認定に向け、地形の独自的な研究やグルメの開発などを進める。

 同日、同委員会が全国6地域のジオパークについて再認定(茨城県北と下仁田は条件付き再認定)した。日本ジオパークについては認定後、公園の保全や研究など地元の体制が整っているかどうかを4年ごとに審査を受け、体制が不十分だと認定が取り消される。

 北塩原村役場で吉報を受けた磐梯山ジオパーク協議会長の小椋敏一同村長は「明治の噴火から動植物が再生した姿など、災害からの復興を目指す地域の指針をつくりたい」と決意を新たにした。同副会長の五十嵐源市磐梯町長、前後公猪苗代町長が同席した。