【猪苗代】カワウソ親子が"引っ越し" いわきからカワセミ水族館へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再オープンに合わせ、搬入されたユーラシアカワウソの2頭の子ども=17日午後、猪苗代町・アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

 19日に再オープンする猪苗代町のアクアマリンいなわしろカワセミ水族館に17日、いわき市のアクアマリンふくしまから新たな仲間としてユーラシアカワウソの親子3頭が搬入され、職員らに元気な姿を見せた。

 搬入されたのは、オーストリア生まれで2010(平成22)年からアクアマリンふくしまで飼育されていたチロル(雌6歳)と8月に生まれた子どもの姉妹。カワセミ水族館は11月から改装を行い、3頭の「新居」には自然木や石が設置され、野生に近い環境を用意した。

 3頭は移動用のかごで新居入り。チロルはプールを泳ぎ回り、姉妹はかごの中で昼寝していた。問い合わせは同館(電話0242・72・1135)へ。