【会津地方】スマホで音声グルメガイド 会津の店紹介、自動翻訳にも対応

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
飲食店情報を発信できるデジタルガイドブック

 会津若松市の印刷業アポロは、会津地方の飲食店のメニューなどの情報をスマートフォンやタブレット端末で見ることができるデジタル版ガイドブック「まるごとあいづグルメガイド」を作成、2月1日から運用を開始する。目の不自由な人にも便利なように音声読み上げ機能が付き、2020(平成32)年の東京五輪で世界中から訪れる外国人観光客を見据え、自動翻訳で英語、韓国語、中国語に対応しているのが大きな特長。

 掲載店は店の場所、定番メニューや店内の写真、料金、営業時間などの情報が発信できる。内容はいつでも変更可能で、季節に応じたメニューを掲載できる。情報は無料アプリ「Catalog Pocket」で閲覧できる。

 アポロの伊藤慶一専務は「会津を元気にするため、小さなまちの印刷屋から全国への情報発信を目指した。ぜひ利用してほしい」と話している。

 掲載料は1枠(1ページ)1万800円(税込)。掲載期間は年内。2月1日から掲載するためには今月20日までの申し込みが必要。申し込みは随時受け付けるが、掲載期間が短くなっても掲載料は変わらない。

 申し込みは、同社ホームページ(http://www.apollo‐aizu.com)からダウンロードできる申込書に必要事項を記入し、写真(画像データ)、掲載料を添えて同社へ。同社からの訪問も可能。問い合わせは同社(電話0242・22・5139)へ。