【会津若松】会津若松市が「無料WiFi」増設 中心市街地店舗20カ所

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市は、中心市街地の店舗など20カ所に無料の公衆無線LANサービス「Aizu Free WiFi(ワイファイ)」のアクセスポイントを増設し、18日から利用を始めた。17日に室井照平市長が記者会見して発表した。

 インターネットアクセス環境の利便性の向上を図り、観光客誘致を強化する狙い。

 会津若松駅から鶴ケ城の導線にアクセスポイントを増設し、まち歩きにつなげる。同市が運用を始めた新しい地域情報ポータルサイト「会津若松プラス」とも連携する。

 昨年11月に鶴ケ城など観光施設7カ所に設置しており、今回の増設でアクセスポイントが計27カ所となった。新年度以降も増設していく方針。

 室井市長は「さらなる観光誘客とにぎわい創出を目指して取り組む」と意気込んだ。