【金山】憩いの場「ぽっぽ」が人気 JR会津川口駅前にオープン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新たにオープンした金山町観光物産協会の「ぽっぽ」

 金山町観光物産協会の新たな窓口「ぽっぽ」が同町川口字森ノ上のJR会津川口駅前にオープンし、町民の憩いの場として人気を集めている。

 これまでは町役場3階の一区画に窓口があったが、町民が気軽に訪れ交流できるようにと移転した。

 愛称の「ぽっぽ」は、町内の温泉や只見線の列車、町民の温かみなどをイメージしたもので、公募で決まった。

 町の観光パンフレットなどが置かれ、職員2人が観光を案内している。職員の押部花緒里さんは「気軽に来てお茶を飲んでいってほしい」と呼び掛けている。

 原則無休。時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同協会(電話0241・42・7211)へ。