【金山】「幸運をもたらしてほしい」 金色に輝くヒメマス発見

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
金山町で見つかった金色のヒメマス

 県内で唯一金山町の沼沢湖に生息するヒメマスに金色の個体が見つかり、町民の評判を集めている。沼沢漁協によると、ヒメマスの体は通常銀色のため、見つかった金色の魚は先天的な遺伝子疾患で体の色素が欠乏する「アルビノ」の可能性が高く、非常に珍しいという。

 金色のヒメマスは昨春、沼沢漁協が沼沢湖に放流するための稚魚18万匹を育てていた際、副組合長の猪俣昭夫さんが見つけた。その後、水槽で1年間成魚になるまで育てた。

 ヒメマスは同町のJR会津川口駅前の不二屋食堂の店頭の水槽で眺めることができる。長谷川盛雄町長は「金色に輝くヒメマスが町に幸運をもたらしてほしい」と笑顔を見せる。