【会津若松など】楽しく勉強しよう! 8月6日に「會津熱中塾」開塾

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大人の社会学習塾「會津熱中塾」は8月6日、会津若松市の末廣酒造嘉永蔵で開塾する。来年2月まで、同市と喜多方市、三島町を会場に7日間で14講義が行われる。時間は午後2時(初日は同1時30分)から1講義70分で、2講義を行う。受講生を募集している。

 講師は国立天文台の渡部潤一副台長(会津若松市出身)ら14人。希望者は8月5日まで、同塾のホームページから申し込む。全講義の受講料は1万円。問い合わせは事務局の宮森光子さん(電話090・6688・8264)へ。

 會津熱中塾の宗像精理事長(会津藩校日新館長)、新城猪之吉塾長(末廣酒造社長)は15日、記者発表し「勉強はつらいことではなく、楽しいことだと理解できる塾なので、多くの人に参加してほしい」と呼び掛けた。

 日程と講師次の通り。

 8月6日、会津若松市・嘉永蔵=山崎史郎(元内閣官房まち・ひと・しごと創生本部地方創生総括官)早川正士(早川地震電磁気研究所代表)▽9月10日、喜多方市・新宮熊野神社長床=中村寛治(ヒューマンセントリックス社長)玉川憲(ソラコム社長)▽10月15日、三島町・早戸温泉郷=覚正寛治(元厚生労働省鹿児島労働局長)原田英男(元農林水産省畜産部長)▽11月12日、嘉永蔵=犬飼善博(日本コンピュータシステム社長)大平まゆみ(札幌交響楽団コンサートマスター)▽12月17日、喜多方市・三津谷若菜家煉瓦蔵=安藤邦広(筑波大名誉教授)高枝佳男(toor社長)▽1月21日、喜多方市・大和川酒造北方風土館=梶明彦(ワタベウェディング顧問)岸田徹(ネットラーニング社長)▽2月25日、嘉永蔵=渡部潤一(国立天文台副台長)北村貴(グロッシー社長)