【猪苗代】6スキー場、共通リフトパス発売へ ふるさと納税返礼品にも

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 猪苗代町の猪苗代観光協会が発行する町内6スキー場でリフトを利用できる「共通シーズンパス」は15日、発売される。また町は、ふるさと納税の返礼品として「共通シーズンパス」を登録。同日以降、返礼品一覧にパスが加わる。

 「共通シーズンパス」は長年にわたるスキー人口の減少や東日本大震災と原発事故による風評払拭(ふっしょく)へ、本来はライバル関係にある各スキー場が一致団結して初めて企画した。

 協力するのは同町の沼尻、猪苗代リゾート、猪苗代、ファミリースノーパークばんだい×2(ばんだいばんだい)、箕輪、リステルスキーファンタジアの6スキー場。パスは15日から同観光協会を窓口に販売、利用期間は11月12日から来年4月9日まで。価格は一般3万5000円、小学生1万円(いずれも税込み)の予定。早朝やナイター営業の時間などを除き6スキー場のリフトが何度でも利用できる。

 パス販売の問い合わせは同観光協会(電話0242・62・2048)、ふるさと納税の問い合わせは猪苗代町企画財務課(電話0242・62・2112)へ。