【県内】「8観光地」初掲載 ミシュラン・グリーンガイド東北WEB版

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
さざえ堂

 日本ミシュランタイヤは9日、外国人向け観光地を紹介する「ミシュラン・グリーンガイド東北WEB版」(英、仏語版)を公開したと発表した。フランスの書籍「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン改訂第4版」に掲載されていない31カ所の観光地や観光施設が追加された。これまで書籍に掲載のなかった本県からはさざえ堂(会津若松市)や五色沼自然探勝路(北塩原村)、新宮熊野神社(喜多方市)など八つの観光地と施設が初めて選ばれた。早ければ来年にも出版される書籍の改訂第5版に反映される見通しで、関係者からは「海外からの観光誘客に弾みがつく」などと喜びの声が上がった。

 県内からWEB版に掲載されたのは3観光地・施設のほか、会津若松市全域、鶴ケ城、御薬園(会津若松市)、三津谷煉瓦(れんが)蔵群、若喜商店(喜多方市)。このうち、二重らせん構造の通路で建物の中を上下に巡ることができる、さざえ堂(円通三匝堂(えんつうさんそうどう))、青・緑など水面が多彩な色を示す五色沼自然探勝路、国重文の「長床」で知られる新宮熊野神社の3観光地・施設は、同ガイドの評価で「興味深い」とされる一つ星を獲得した。

 現在出版されている書籍版には、東北で唯一本県の観光地が1カ所も掲載されていなかったが、WEB版に選ばれたことで今後出版される書籍版にもようやく掲載となる見通し。