【南会津】伊南クロカンコース開場 福島・南会津、スキー連公認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オープンを記念し滑走する小中学生

 南会津町が同町古町(伊南地域)に整備を進めてきた伊南クロスカントリーコースが25日、オープンした。全日本スキー連盟(SAJ)の公認コースで、町などは全国規模の大会などの誘致を通し地域振興を目指す。

 コースは1周約3キロ。高低差は約60メートルで、里山の地形を生かしたアップダウンの大きいコースとなっている。SAJの規定に合わせ約30メートルを駆け上がる勾配の急な坂なども設けた。町は2014(平成26)年度から整備を進め、事業費は約1億59万円。

 オープン式は同日、現地で行われ、大宅宗吉町長が「大勢の皆さんに利用してもらえるコースとなるよう努める」とあいさつ。オープンを記念し、地元の小中学生が滑走した。式に出席した県スキー連盟の鈴木安一会長は「山の自然を生かしたコースで練習すれば確実に力が付く」と評価した。

 コースは、県内外のスキー競技距離の選手ら向けの練習場としても開放する。夏場は地域住民らがランニングやウオーキングなどで利用できる。

 問い合わせは町伊南総合支所振興課(電話0241・76・7715)へ。