【西会津】「西会津おかき 会津山塩」発売へ 交流物産館よりっせ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
交流物産館よりっせで発売される「西会津おかき 会津山塩」

 西会津町産もち米を使った「西会津おかき 会津山塩」が30日、同町の道の駅にしあいづ交流物産館「よりっせ」で発売される。

 町で活動する地域おこし協力隊員の仲川綾子さんが「懐かしい味を伝え、次世代につなぎたい」と商品開発に奔走。農業関係者らのアドバイスを受け、精米や餅つき、カット、乾燥、揚げ、パッケージ製作などで試行錯誤を重ねた。コガネモチを使った餅を米油で2度揚げし、北塩原村で生産される、まろやかな会津山塩をまぶした。コメ本来の甘みとサクッとした食感を楽しめる。

 仲川さんは今後、県内の特産品を生かしておかきをシリーズ化していく。第2弾として、三島町の桐炭パウダーを使った商品発売を計画している。