【柳津】春を心待ち...『赤べこプランター』完成 福島・柳津、発祥の地PR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
完成した「赤べこプランター」

 福島県柳津町内の各事業所が観光客を迎えようと春に事務所などに設置する、赤べこをかたどったプランターが完成した。「赤べこ」たちが雪解けと春の到来を心待ちにしている。

 江戸時代の大地震で同町の円蔵寺が被害を受けた際、赤毛の牛が資材を運び、難工事を手伝ったとの伝承が残る同町は、「赤べこ発祥の地」といわれている。伝承を広くPRしようと、各事業所が昨年から設置している。

 今年はプランター約60個が完成。春にはそれぞれ季節の花などが植えられる予定だ。