【会津地区】『奥会津のごちそう』紹介 東北電力など魅力PR冊子製作

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東北電力と只見川電源流域振興協議会は13日までに、奥会津の地場産品を紹介する冊子「奥会津のご馳走(ちそう)」を製作した。全国の百貨店や料理店などに発送し、奥会津の食材の魅力を発信する。

 冊子は南郷トマトや会津地鶏、原木シイタケ、百花蜜、金山天然炭酸水など奥会津地区の11の特産品を写真や生産者の声とともに紹介している。同社などが奥会津地区の活性化と交流人口増加につなげようと、食材の視察プログラムなどを運営しているNPO法人素材広場(会津若松市)と協力し初めて発行した。

 生産者のこだわりや奥会津の風習など、食材を生んだ背景なども詳しく紹介しており、全国の料理人や県外の百貨店などへの情報発信に活用していく方針。冊子に関する問い合わせは同社広報・地域交流部地域共生グループ(電話022・799・6061)へ。