【会津若松】市街明るく彩る 「会津藩バージョン」ライトアップ開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ライトアップを開始した無線鉄塔

 東北電力会津若松支社は20日、会津若松市東栄町にある同支社構内の無線鉄塔のライトアップを開始した。地上約51メートルの鉄塔が夜空に明るく浮かび上がった。

 市街地を明るく彩り、復興の弾みにしようと福島営業所、いわき営業所に続く取り組み。4月は桜をイメージした桃色、5~6月は新緑の緑、7~9月は海の青、10~12月は紅葉のオレンジ、1~3月は雪の白に輝く。

 点灯は日没から午後10時。毎正時には5分間、幕末の戊辰戦争で会津藩が組織した「玄武隊」(黒)「青龍隊」(青)「朱雀隊」(赤)「白虎隊」(白)をイメージした「会津藩バージョン」の4色が15秒間隔で登場し、来年の戊辰戦争150年の機運を盛り上げる。