【北塩原】会津山塩ラーメンいかが 「早稲沢屋」6日オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オープン前に、会津山塩ラーメンを試作する関係者

 北塩原村の特産品「会津山塩」が味わえるラーメン店「早稲沢屋 しお○」が6日、同村桧原にオープンする。村内外の数店舗が提供を始め、新たな名物として定着しつつある会津山塩ラーメン。紅葉の観光シーズンを前に、関係者が準備作業を進めている。

 まろやかスープが特徴

 山塩は、太古の海水の溶存成分を含む大塩温泉の源泉を煮詰めて自然乾燥で摂取される。ミネラル成分が多く、まろやかなで優しいスープに仕上がるという。

 同店は、地元の裏磐梯未来企業組合が数年前に廃業した民宿を改装して経営する。ラーメン(税込み700円)やチャーシュー、トウモロコシ、ネギをそれぞれトッピングしたメニューを提供する予定だ。小椋義正理事長は「山塩は全国的に人気が出ている。おいしいラーメンを堪能してほしい」と来店を呼び掛ける。

 オープン記念として、6~8日は店舗に地元農産物などの直売所を設置。来店客先着100人に新鮮な野菜をプレゼントする。

 店舗の住所は北塩原村桧原字中原1047の28。営業時間は午前11時~午後4時。水曜日定休。

 開店前までの問い合わせは、北塩原村商工会(電話0241・23・5556)へ。