【会津坂下】会津木綿の商品販売や工場見学 「イーラボ」オープンへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
限定販売される青木木綿のストール

 独特のしま模様と丈夫さが特徴の「会津木綿」の魅力を発信する会津坂下町の企業「IIE(イー)」が、同町青木にある工場などを改装し、会津木綿の「ものづくり拠点」として再出発する。会津木綿を製造する工場と商品を販売する店舗を組み合わせた「IIE Lab.(イーラボ)」を7日にオープンさせる。

 同社はこれまでも、同町青木の幼稚園跡を活用して工場や店舗を運営してきた。会津木綿をより身近に感じてもらおうと、作業工程や織機の見学などができるように改装した。場所は以前と変わらない。

 オープンに合わせて、同社が復活させた会津木綿の代表的ブランド「青木木綿」を使ったストールを限定販売する。ストールは1月に販売したが、人気のため完売していた。1月よりも柄や色の種類を増やすという。

 ストールのほか、会津木綿といわき産のオーガニックコットンを組み合わせた新商品の木綿ブランケットやコースター、ハンカチなど約20種類を販売する予定で、谷津拓郎社長(31)は「楽しんでもらえる拠点としていきたい」と意気込む。

 同社は、約100年前の織機を修理し、途絶えかけた青木木綿を使った商品などを製造、販売している。

 住所は会津坂下町青木字宮田205で、営業時間は午前11時~午後5時。問い合わせは同社(電話0242・23・7760)へ。