【県内】記念切手「福島県産酒・金賞数5年連続日本一」販売開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
発売された3種類のオリジナルフレーム切手シート

 本県の日本酒が全国新酒鑑評会で5年連続金賞受賞数日本一に輝いたことを記念するオリジナルフレーム切手の発売が30日、県内の郵便局で始まった。関係者は「お酒を飲まない人にも県産酒の快挙を切手で知ってほしい」と期待を高める。

 金賞酒22銘柄のラベルなどがデザインされた82円切手を10枚ずつシートにした。3種類あり、価格は1シート1300円(税込み)。3000部ずつ発行し、好評の場合増刷を検討する。

 一部の簡易郵便局を除く県内414局で販売し、11月5日から「郵便局のネットショップ」でも取り扱う。

 今年1月には4年連続日本一を祝うオリジナルフレーム切手を集めた2種類のシートを作製。増刷を重ね、合計1万部が販売された。

 福島市の福島中央郵便局では同日午前9時からの切手発売に先立ち、県酒造組合の阿部淳専務理事、県観光物産交流協会の徳永勝男常務理事らが出席してセレモニーが行われた。