【会津若松】「モンゴル物産館」オープン カシミア製品など販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットする弓田会長(中央)ら関係者

 日本とモンゴルの架け橋として活動し、ランドセルや楽器、文房具の寄贈、モンゴルの伝統文化を紹介するチャリティーコンサートの開催などに取り組んでいる「日本モンゴル友好ハッピー協会」(弓田八平会長)のアンテナショップ「モンゴル物産館」が3日、会津若松市の野口英世青春広場のDr.野口館にオープンした。

 セーターやマフラーなどのカシミヤ製品、岩塩、革製品などを販売する。モンゴルへの興味を持ってもらおうと、同協会の活動を紹介する写真なども展示した。

 オープン式典では、弓田会長が「モンゴル産品を広く知ってほしい」とあいさつし、アルザフグイ・デルゲルマー駐日モンゴル大使館2等書記官らも祝辞を述べた。弓田会長らがテープカットした。

 営業時間は午前10時~午後5時で、夏季延長あり。火曜日定休(祝日の場合は翌日)。問い合わせは同物産館(電話0242・23・8856)へ。