【会津若松】戊辰150年機運を盛り上げ 会津乗合自動車が「ラッピングバス」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
戊辰150年をPRするラッピングバス

 会津乗合自動車は17日、戊辰150年の機運を盛り上げようと導入したラッピングバスを披露した。

 路線バスの中型車両1台にラッピングを施した。市戊辰150周年記念事業実行委員会が作製したPRポスターが基になっており、バスの前面に「『義』の想い つなげ未来へ―。戊辰150周年。」のキャッチフレーズを入れた。車体左側が黒、右側が赤をベースにした配色で「會津の想い、脈々と。」の文字も入れた。

 「次世代スマートバス停」の設置記念式典に合わせて披露し、佐藤俊材社長は「会津の歴史や文化、教育理念などを市民と再認識し、義の思いを将来につなげる一助にしたい」と話した。