【西会津】車麩ラスクの新商品「コーヒー牛乳風味」 西会津高生が開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
コーヒー牛乳風味の車麩ラスク

 西会津高の生徒でつくる西高魅力発信隊が手掛けている車麩ラスクの新商品「コーヒー牛乳風味」が22日、西会津町の道の駅にしあいづ交流物産館よりっせと上野菓子店で発売された。

 発信隊は2015(平成27)年度に発足。毎年2月22日を商品発売日にしており、コーヒー牛乳風味はバターシュガー、ほうじ茶に続く第3弾となった。

 車麩は町の特産品。素朴な味や弾力が特徴で煮物などで食べられる。消費量が減少する中、生徒は車麩を新感覚スイーツとして商品化。1年間に2万5000個以上が売れるなど町の新名物として定着した。

 本年度は、生徒が若者の好みを意識して優しい甘みや苦味が楽しめるコーヒー牛乳風味を考案。

 「MILK(こども)以上COFFEE(おとな)未満」とのキャッチコピーを付けた。イノベーション教育を通じた地域活性化に取り組む「i.club」や地元の丸十製麩本舗、上野菓子店などが協力した。

 新商品の完成発表会は21日、西会津町の同校で開かれた。出席者からは「香ばしくておいしい」「見た目も美しく仕上がっている」などの意見が上がった。