【只見】「六十里越雪わり街道」再開通 只見と新潟・魚沼結ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットで再開通を祝う関係者ら

 只見町と新潟県魚沼市を結ぶ国道252号(通称・六十里越雪わり街道)は1日までに、冬季通行止めが解除され、全線再開通した。

 同市の道の駅入広瀬で式典が行われ、関係者が再開通を祝った。

 両市町などの関係者ら約40人が出席。同市六十里越雪わり街道を愛する会の皆川雄二会長らがあいさつし、菅家三雄只見町長らが祝辞を述べ、テープカットを行った。

 式典会場では、同町特産のジュウネンやマトンケバブなどが販売され、人気を集めた。