【喜多方】有名アーティスト出演 10月に国際音楽祭、喜多方3会場で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「野口英世記念ふくしま国際音楽祭2018」実行委員会は、10月7日に喜多方市を会場に初めてコンサートを開く。

 同音楽祭は、昨年まで猪苗代町を中心に開かれていた「野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭」が前身。今年は、期間を7~10月、会場を中通りと会津地方にそれぞれ広げて開かれる。

 喜多方市では北宮諏方神社、大和川酒蔵北方風土館、コッコツリーの3会場で、国内外の有名アーティストが出演する。

 実行委の小沢陽会長、同音楽祭に出演する有名ピアニストのモナ・飛鳥さんらは、喜多方市の遠藤忠一市長を訪問した。

 小沢さんは「3会場のコンサートは時間をずらして開催することで、空いた時間に市内を散策してもらい、観光振興につなげたい」と話した。同神社の大森幹久宮司が同行した。