【会津若松】「青空直売所」スタート 湊地区、期間限定で農産物販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スタートした「青空 湊産 農産物直売所」

 会津若松市の湊地区地域活性化協議会(小桧山昭一会長)が9月30日までの毎週土、日曜日と8月11日の期間限定で開店する「青空 湊産 農産物直売所」が30日、同市基幹集落センターでスタートした。

 同協議会は地区の人口減少や高齢化に対応しようと活動し、2016(平成28)年度は同市の背炙(あぶ)り山で「軽トラ市」を開催。昨年度からは基幹集落センターに場所を移して湊産農産物を販売している。

 農産物直売所では、同地区の農家が育てたキャベツやレタス、ダイコン、ブルーベリーなど旬の新鮮野菜・果物やヒトメボレなどを格安で販売。今後、アスパラガスやトマトなども並ぶ予定。手作り手工芸品の販売コーナーのほか、飲食コーナーも設けられ、名物の「豆腐もち」やコーヒー、ところてんなどが味わえる。初日は来場者に豚汁が振る舞われた。

 毎回午前10時~午後3時で、野菜がなくなり次第閉店する。8月11日は同地区でサギソウ展が開かれる。