【会津坂下】かば焼き?そっくりな「うなぎ饅頭」 8月1日まで限定販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
お菓子の蔵太郎庵のウナギのかば焼きに似せた「うなぎ饅頭」

 お菓子の蔵太郎庵(会津坂下町)は、ウナギのかば焼きに似せた「うなぎ饅頭(まんじゅう)」の販売を始めた。「見た目がそっくり」と、話題を呼んでいる。

 土用丑(うし)の日に合わせて初めて企画した。こしあんのまんじゅうをウナギの形に蒸し上げ、コーヒーと黒糖寒天で焼き色とたれの雰囲気を表現した。1個500円(税込み)で、8月1日までの数量限定販売。

 ウナギは近年価格が高騰し、ナマズやアナゴなど代用食にも注目が集まっている。今回はひと味違う「代用食」だが、担当者は「ウナギが苦手な人にも好評の声をいただいています」と売り込んでいる。