【柳津】つながる斎藤清と台湾 7月22日から斎藤清美術館で企画展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
斎藤清氏が制作した蔵書票。企画展では蔵書票や版画百数十点が展示される

 斎藤清美術館と国立台湾文学館は22日から、柳津町の同美術館で、世界的な版画家故斎藤清氏と台湾とのつながりを紹介する企画展を開催する。台湾でブームとなった「蔵書票」をテーマに、斎藤氏の作品など百数十点を紹介する。9月9日まで。
 蔵書票は、本の所有者を示すため表紙裏などに貼り付ける紙。「紙の宝石」とも称され、所有者の名前にちなんだ絵などがデザインされている。日本では明治時代に広まり、斎藤氏をはじめ著名な版画家がデザインするようになった。

 台湾では、会津若松市出身の小説家で詩人の故西川満氏が蔵書票を広めたことで知られている。県立博物館(会津若松市)で同時期に西川氏のテーマ展が開かれることになり、蔵書票を制作していた斎藤氏にも光を当てようと企画された。

 奥会津ではJR只見線の撮影などに訪れる台湾からの観光客が増えており、一層の交流促進も狙った。

 企画展は「台湾コネクション 版画/蔵書票がつないだ、『台湾×斎藤清』展。」。斎藤氏が制作したものや、同文学館所蔵の蔵書票約100点と、斎藤氏の版画約60点を紹介。蔵書票を通じて、戦前から続く日本と台湾との関係性や斎藤氏とのつながりを感じてもらう。

 会期中は、蔵書票の制作体験やギャラリーツアーなどのイベントも企画されている。学芸員の伊藤たまきさんは「精巧な蔵書票の魅力や、日本と台湾、斎藤清氏の絆を感じてほしい」と話す。

 時間は午前9時~午後5時(最終入館は同4時30分)。月曜日休館。観覧料は一般510円、大学・高校生300円、中学生以下無料。問い合わせは同美術館(電話0241・42・3630)へ。