【会津若松】「ほかでは味わえないものを」 父の遺志継ぎ和食店オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
料理の準備をする坂爪さん

 会津若松市和田町に8日、和食店「隠れ家Restaurant隆の里」がオープンした。店主の坂爪隆さん(51)は「ほかでは味わえないものを提供する。ぜひ味わってほしい」と来店を呼び掛けている。

 料理人だった父謹吾さんを追って和食の世界に入った坂爪さんは謹吾さんと「親子一緒に店を持ちたい」と話していたという。謹吾さんは2013(平成25)年に亡くなったが、亡き父の夢を形にしようと、妻美奈子さん(40)と共に出店を決めた。

 メニューは昼は1300円と1800円のコース、夜は2500円、3500円、4500円のコースで漆塗りの器とともに地元産の肉や野菜、そばを楽しめる。

 営業時間は昼は午前11時~午後2時、夜は午後5時~同9時(ラストオーダーはそれぞれ30分前)。昼は予約優先で空席があれば入店可能。夜は完全予約制。6人以上の利用は貸し切りにできる。不定休。予約や問い合わせは同店(電話0242・26・1380)へ。